鉄の道具・器たち 中村智美 展 2019.1.26 sat ー 2.11 sun 初日、2日目を終えて

2019.01.27

昨年の中村さんの展覧会では、鉄の道具のみのご紹介でした。
今年は鉄の道具に加え、ステンレス、鉄に漆を焼き付けした器や蓋物、オブジェと充実の展覧会となっております。
地元の作家さんということもあり、中村さんのご友人や、古くから中村さんの作品をお持ちの方のご来店も多く大変賑やかな初日、2日目でした。

お客様の切れ間の賄いに中村さんのオーブンパンで焼きおにぎりを焼いてみたら、とても香り良い焦げ目がついて、それだけで贅沢なご馳走に。
最初の週末を終えて、フライパンは残り少なくなりましたが、オーブンパンは大きなもの、小さなものと沢山届けていただいておりますので、お出かけいただけますと嬉しいです。

ワークショップ「フランス人が好きな3種の軽い煮込み。」を食べてみよう。は、まだお席に余裕がございますので、ご検討中の方がいらっしゃいましたら、お電話・メールにてお問い合わせくださいませ。

鉄の道具・器たち 中村智美展
2019.1.26 sat ー 2.11 mon
OPEN 11:00 - 19:00
会期中 火・水曜日休み
作家在廊日 1.26 sat,

群馬県で三代続く鉄工所の三代目である中村智美さんの手から生まれる鉄、ステンレスの器や台所道具。一点一点手打ちで作られる鉄のフライパンをはじめ、小さな作品まで、切り出しから成形、焼き付け、仕上げまで全ての作業を一人でこなしています。
鉄の力強い表情だけでない、女性らしいラインとフォルムの使いやすい道具達。
今回は、器、道具だけでなく、立体作品にも挑んでくれた展覧会です。


WS「フランス人が好きな3種の軽い煮込み。」を食べてみよう
「鉄の道具・器たち 中村智美 展」に合わせ、上田淳子さんの著作『フランス人が好きな3種の軽い煮込み。』をテキストにしたワークショップ。鉄の料理道具との付き合い方、料理本を読み解き使うコツをデモンストレーション形式でレッスンいたします。

2月2日(土)19:00〜21:00
定 員  8名(予約制・先着順)
参加費  5000円+tax(テキストとして書籍「フランス人が好きな3種の・・・」1500円含む)
テキスト 「フランス人が好きな3種の軽い煮込み」上田淳子著 誠文堂新光社
共 催  REBEL BOOKS 高崎市椿町 http://rebelbooks.jp
申込先  info@matka122.com
講 師  matka 吉井美晴
メニュー 手羽元とプチオニオンの白ワイン煮
     サバのオニオンマスタードビネガー煮
     グーラッシュ

nakamura_onigiri_1_blog.jpg
nakamura_onigiri_2_blog.jpg
nakamura_onigiri_6_blog.jpg